秋季学習支援事業が終了しました

12月10日(土)は秋季学習支援プログラムの最終日でした。浪速区の小学校の拠点と東淀川区の中学校の拠点で、それぞれプログラムを通じての効果を測定するテストと、振り返りが行われました。

9週間におよぶ秋季プログラムでは、小学校、中学校それぞれに様々な取り組みを行って参りました。

浪速区の小学校の拠点では、従来の学力面での指導だけでなく、初の試みとなったプロジェクト学習を実施しました!子どもたちが考え、計画し、実施したお化けやしきは、保護者の方や地域の方もいらっしゃって大盛況となりました。(詳しくは前回の記事<URL>をご覧ください)様々な体験を通じて、子どもたち一人一人が少しずつ自信をつけたり、積極的になったりする姿が印象的でした。

一方、東淀川区の中学校の拠点は、Crèche としては初めての中学生を対象とした学習支援プログラムになりました。毎週数学と英語の学習を行うなかで、子どもたちが自分なりの学習方法を身につけていったり、自ら学力の向上を図っていく姿が見られました。中学3年生の子どもたちは、いよいよ年が明ければ受験を迎えることになりますが、プログラムでの学びを糧に努力を続けてほしいと思います。

来年1月7日からは冬季プログラムがスタートします!秋季と同じく、毎週土曜日、浪速区の小学校の拠点と東淀川区の中学校の拠点で学習支援が行われます。プログラムの見学も随時受け付けておりますので、ご希望の方は、お問い合わせ<URL>ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA