学習支援事業

事業概要

solution

 

 

事業詳細

%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e3%83%bb%e8%87%aa%e6%b2%bb%e4%bd%93%e9%80%a3%e6%90%ba

子どもたちへの学習や経験の支援をご検討されている学校や自治体の方々と連携し、学校や自治体や地域のニーズを収集します。そして、参加する児童・生徒を連携先の方々と協力して募集し、学習支援教室を学校の空き教室や地域の公民館などの子どもたちがアクセスしやすい場所に設置していきます。

 

 

%e6%8e%a1%e7%94%a8

関西圏の大学生・大学院生を中心に参加希望者を募り、採用担当者との面談を行います。選考基準を満たす場合のみ、サポーターとして採用し、プロジェクトに参加することとなります。

これまでの参加サポーターの所属大学

京都大学、大阪大学、神戸大学、同志社大学、関西大学、京都産業大学、奈良女子大学、京都大学大学院、奈良女子大学大学院など

 

 

 

project%e6%ba%96%e5%82%99

配属される拠点ごとに、子どもたちや学校や地域のニーズを収集し、学習支援教室の運営の準備をチームとして行います。プロジェクトマネジメントやファシリテーションと言ったプロジェクトの運営に必要なスキルや子どもたちのとの接し方や指導設計の方法などについても学んでいきます。

実施する研修の概要

・子どもたちのコミュニケーション方法
・自尊感情を育むための指導方法
・指導準備
・内省(振り返り)
・ファシリテーション

 

 

project%e5%ae%9f%e6%96%bd

1対2〜3を中心とした個別指導形式で子どもたちへの学習指導を中心にしながら、状況に応じてプロジェクト型学習も行います。これによって、子どもたちの学力の定着と多様な経験を通じたソーシャルスキルの定着を目指します。